FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

gray

[シタタカ?]

美貴「もっと、シタタカな、女になろう」
ノブ「多少、シタタカな方が、
   女の子は、いいのかもね」
美貴「そう、思う?」
ノブ「うん、」
  「真面目過ぎても、よくないよ」
  「あんまりシタタカ過ぎてもアレだけどね」
美貴「……」
しばらく、何か考えてた美貴が、真っすぐ俺を見た
美貴「ねぇ、教えて?」
ノブ「何を?」
美貴「質問に答えて」
ノブ「うん…、わかった」
美貴「汚れた、私は、幸せになれるかなぁ?」
ノブ「なれるよ」
美貴「なんか、軽いなぁ…言い方が…」
ノブ「軽くないょ」
  「だいたい、汚れたって何だよ」
  「身体なんか、洗えばいいじゃないか」
美貴「そんな、簡単に…」
ノブ「汚れたなんて、自分で言うな!」
美貴「…」
ノブ「考え方、ひとつだよ」
  「経験人数、増えただけ…」
美貴「…」
ノブ「心が汚れなきゃ、大丈夫だよ」
  「美貴は、汚れてない!」
美貴「…」
ノブ「美人だし、
   過去に縛られる事なんか無いって」
  「幸せになれるって」
美貴「…じゃあ、ノブだったら、そういう、
   訳あり女でも、普通に付き合える?」
  「自信持って、言える?」
ノブ「…気にしないってのは、
   ムズイかもだけど」
  「黙ってたら、わからないじゃん」
美貴「隠し事なんか出来ないよ」
  「ずっと、負い目感じちゃうじゃんかぁ」
ノブ「…」
美貴「すごい、無責任な発言だよ、ノブ」
ノブ「無責任じゃあないよ」
  「好きになった女の子に、
   どんな過去があったって」
  「そりゃ、気にはなるけど、…」
  「けど、関係ないね」
美貴「…でも、気になるよね…」
ノブ「気にならないって奴は、
   本気じゃないんだよ」
  「誰だって、
   本気になったら、気になるし…」
  「けど、本気なら、
   乗り切ろうって、思うよ」
美貴「…そんなの、綺麗事じゃないの?」
ノブ「…」
美貴「めんどくさい、女より、
   もっと、楽な女に、走るよ…」
  「男は……」
悲観的だなぁ
けど、ここは言い負かさなきゃ
幸せになれるって答にしなきゃ
ノブ「全部、何から何まで、話し合って」
  「それで引く男だったら、捨てちまえ!」
  「そんな奴」
  「頃合い見て、話せば、
   理解してくれる人居るよ」
美貴「頃合い?」
ノブ「始めっから、話したら、
   男だって、ビックリしちゃうだろ」
美貴「…始めに言ったら、安い女扱いされて」
  「ヤリ逃げされるだけだよね…」
ノブ「ヤリ逃げ…」
美貴「何?」
ノブ「いや、美貴がそんな言い方…」
  「ちょっとビックリ…」
美貴「気取ってられないもん」
  「…話し合えれば、道が見えて来る、か…」
ノブ「うん」
  「ちゃんとした、男なら、
   しっかり受け止めてくれるよ」
美貴「うん、そうかもね」
ノブ「ヤリ逃げされるなよ」
美貴「うん、好きになったら、
   逃がさないようにする、」
  「…簡単にエッチさせないしね」
ノブ「だね、…ヤル前に、
   逃げられたしね……俺は…」
美貴「なにょ、しようとしたじゃない」
  「…勝手に、先に、出しちゃったんじゃん…」
  「ノブが…」
ノブ「初めてだったんだから、仕方ないだろ…」
美貴「私も、初めてだったんだよ」
ノブ「嘘、だって…」
美貴「ウソだよ、前に彼氏居たなんて…」
  「見栄はっただけ…」
ノブ「…」
美貴「そっか、だから、
   ノブ、やりたがってたんだね」
  「他の奴とはしてるのに」
  「俺とは、出来ないのかって…」
ノブ「……」
美貴「思いだしちゃった…」
  「そんなに、俺とは、嫌なのかよって…」
  「ノブ…怒ってたね…」
ノブ「…若かったから」
美貴「…ノブに…処女、あげればよかったなぁ…」
  「欲しかった?」
ノブ「…」
  「聞くなよ、そんな事…」
美貴「…」
  「実際、どうなんだろう…」
  「あんな事まで、されちゃって…」
  「理解してくれる男って居るのかなぁ?」
ノブ「…」
美貴「輪姦されて…」
  「お尻にまで、入れられて…」
  「愛して、貰えるのかなぁ」
ノブ「大丈夫だよ、」
  「どんな過去あったって、
   わかってくれる人は居るよ」
  「風俗してたって、
   幸せな結婚生活してる人、居るじゃん」
美貴「みんな隠してるんじゃない?」
ノブ「だったら、美貴も、
   シタタカになるんだから」
  「隠したら?」
美貴「私は、ムリ…」
ノブ「…きっと居るよ」
美貴「問題は、私がいいなって思った人が、
   理解してくれるかどうかだよね」
  「理解してくれるなら、
   誰でもいい訳じゃないし…」
ノブ「そうだけど…」
美貴「難しいよね…」
  「同じ事、させろとか言われて、」
  「結局、遊ばれて、捨てられたりして…」
ノブ「また、マイナス思考になってるぅ…」
美貴「だってぇ…」
ノブ「美貴、振られた事、ないだろ?」
美貴「…」
ノブ「どんな別れ方だって、辛いんだぜ」
  「好きなら、やらせてやりゃあいいじゃん」
  「どうしても嫌なら」
  「嫌ってハッキリ言ってみなよ」
  「降られるの怖がってたって、
   仕方ないだろ」
  「美貴が、いいなって思った相手なら、
   遊ばれたって、いいじゃん……」
  「…無責任かなぁ?」
美貴「…ちょっとね…」
ノブ「なんにせよ」
  「前向きになったのは、良いことだよね」
  「心配し過ぎて、足踏みしたら、
   チャンス、逃すぜ」
美貴「チャンス?」
ノブ「俺はさ…」
  「美貴とも、上手くいかなくてさ…」
  「次に、好きになった娘は」
  「告白する前に…」
  「居なくなっちゃったしさ…」
  「動かなきゃ、何も変わらないよ…」
  「何もしないで、後悔するぐらいなら」
  「何か、した方が、いいよ…」
  「彼氏が居たって、俺が奪ってれば…」
  「死ななかったかも、しれないし…」
  「まぁ、奪えるほど、
   いい男じゃないけどね 」
美貴「その娘の事、」
  「まだ、好きなの?」
ノブ「どうかなぁ…」
  「よく、わからないゃ」
美貴「悪い男が居るから、女が泣くんだよね」
ノブ「逆もあるよ」
美貴「そうだね」
  「ノブと話したら、気持ちが楽になってきた」
ノブ「そっか」
  「よかったじゃん」
美貴「お礼しなきゃね」
ノブ「いいよ、そんなの」
美貴「ノブ、わがまま聞いてもらえる?」
ノブ「うん、いいよ」
美貴「…」
  「私と、…エッチしてくれない?」
ノブ「(゜O゜;)…えっ!」
  「な、…えぇ?」
美貴「…偽りでもいいの…」
  「ノブに甘えたい…」
泣きそうな顔で言うなよ
美貴「こんな、身体じゃ、嫌?…」
ノブ「美貴…」
美貴「隣に、行っても…」「いい?…」
ノブ「…」
美貴が、俺の左隣に、そっと、座った
肩を並べるように
美貴が頭を、俺の肩に乗せてきた
美貴「…こうして寝たら、ゆっくり寝れそう…」
  「ノブの側に居ると」
  「安心できるの…」
ノブ「…」
美貴の肩に手を…
美貴「…」
ヤベェ、マジ、
ドキドキしちまうしていいのかなぁ
美貴、弱ってるから、そんな事、
言ってるんじゃ…
美貴が俺を見た
俺の顔の、すぐ側に、美貴の顔が、ある
美貴の匂いがした
綺麗な唇
艶やかな髪
こんな状況で、我慢できるほど、
人間出来てないよ…俺…
美貴を強く抱き寄せ、唇を重ねた
暖かい、柔らかいなぁ
美貴、震えてる…
いいのかなぁ?
でも、止まらないよ、もう
美貴の唇を割って、舌を刺し入れた
ノブ「!…」
受け入れてくれた
美貴の舌が、俺の唇を…
美貴を強く、抱きしめた
美貴「痛いよ、そんなに、強く…」
ノブ「ご、ごめん」
完全に、舞い上がっていた
美貴の、胸に、そっと、手を柔らかい
服の上からでも、
その柔らかさ、大きさがわかる
触りたい、美貴の肌に触れたい
欲望のまま、美貴の唇を求めた
ボタンを外す手が、荒々しくなる
ブラをたくしあげ、
直に、美貴の乳房に触れた
頭の中は、美貴の身体の事でいっぱいだった
美貴のジーンズを脱がせようとした
なかなかボタンが外せない
もどかしい
かなり、乱暴な脱がせ方だった
美貴「…」
美貴の下着の中へ、手を滑り込ませた
柔らかい、毛の感触が、俺を、さらに興奮させた
中指を、美貴の割れ目に沿って、下へ
…濡れてない…
美貴を見て、……
俺は…
美貴、目を硬く閉じて
まるで、我慢してるような表情で…
ノブ「…美貴…」
美貴、震えてる………
美貴を、そっと、抱き起こした
ノブ「美貴…震えてるよ……恐いの?」
涙を溜め、唇を震わせながら美貴が言った
美貴「…こわいの…」
  「男の人が…恐いの」
美貴の頬に、一筋の涙が、流れた

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俊彦

Author:俊彦
今まで読んで気に入った作品を記載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。