FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のビーチでエロガキとセフレの情事

とある夏のビーチでエロガキとセフレの情事を覗き見 3

「そッそうなんだぁ~ごっごめんねぇ~」
「そうだよね~。。。君達くらいの子だったら。。
 もうある程度興味ある年頃よね。。。
 からかっちゃってごめんなさいね。。。」
涙目の少年達の様子に、
さすがに美里と泉も悪いと思ったのか。
謝りながら。。
少年達の頭を
「よしよし。。」
と優しく撫でてあげてました。。
するとそれを受けた少年達、
もうご機嫌が直ったのか..いつのまにか
「でへへへへ。。。」と、、
またあのデレ~とした
だらしない表情を浮かべていました。
「いっいいんだよぉ~オレ達もいきなり
 大声出してごめんなさい。。。
 とっところでお姉ちゃん達。。
 さっさっきのジュースと
 カキ氷をごちそうした代わりと言ってなんだけど。。。
 ひっひとつだけ。。。ひとつだけ。。
 おっオレ達のお願い。。。聞いてくれないかな。。。」
”武ちゃん”は
しどろもどろになりながらうそう言いました。。。
それを受けた”ケン坊”が
「たっ武ちゃん。。。まさか言うの。。言っちゃうの」
と驚いたよう言いました。
「え?お願い? 何何~??」
美里と泉が、、武ちゃんを覗き込みました。。。
武ちゃんは覗き込んでくる女の子達の顔を見て。。
「うう」と
顔を真っ赤にして恥ずかしそうに俯きました。。
しかし少ししてから意を決したように。。。
顔を上げました。。。
「おっおっぱい!!!!おっオレ達にっ!
 お姉ちゃん達のそっその綺麗なおっ!
 オッパイを。。。
 ちょっちょっとだけ。。
 ちょっとだけっ!!
 さっ触らしてくれませんでしょうかぁ!!!」
”武ちゃん”は直立不動で。。目をつぶり。。
顔も真っ赤にしながら大声で叫びました。。。
「すげ~たっ武ちゃん。。言っちゃった」
ケン坊もまた叫ぶように大声で言いました。。。
「え~!!!オッパイ~??!!!」
美里と泉もさすがにこれは予想してなったのか。。。
2人とも驚いた表情で顔を見合わせました。。。
「お願いっ!!いっ一生のお願いだからっ!!!
 ほっほらケン坊っ!!お前も頼み込めっ!」
武ちゃんはここぞとばかりでそうまくし立てました。。。
それを受けたケン坊も
「おっおねがいだよ~お姉ちゃん達。。
 僕達にその大きくて
 セクシーなおっぱい触らせてよ~」
と甘えるような声でお願いしはじめました。。
「え~。。。どうする~???」
「いや。。。さすがにそれは。。。駄目でしょ。。。」
美里と泉は顔を見合わせながら、、
そう言いました。。
それを聞いた”武ちゃん”と”ケン坊”は
いきなり女の子達の前で跪いて。。。
「おっお願いっ!!お願いしますぅ~っ!!!
 オレ達にオッパイを触らせて下さい~!!!!」
と大きな声を上げながら、、
地面に頭をすりつけ何と
”土下座”をし始めました。。。。
「ちょっ!ちょっと!!!僕達。。声大きいっ!!」
「とっとりあえず。。少し静かにして。。。
 誰かに聞かれちゃうよっ!!!」
美里と泉は少し焦る感じでそういいました。。。
それを受けた少年達は少し小声にしましたが。。。
「お願いしますぅ~!!!」と相変わらず
土下座はやめることなく続けています。。。
なんというか。。。本当にバカなガキ達です。。。
美里と泉はもう一度2人で顔を見合わせました。。。
2人その顔はなんとなく。。
いつも私とのセックスの時に見せる
妖艶でいたずらっぽい笑みを浮かべていました。。。
『おいおい。。。、まさか。。。』
美里と泉は、、また座席に座って脚を組み。。。。
少し前かがみになって少年達を挑発するように、、
胸の谷間を見せ付けました。
少年達は思わず顔を上げ、、、
「うっうわぁ~」
と顔を真っ赤にして感嘆の声を上げました。。。
「ふふ。。。困った僕ちゃん達ねぇ、、、
 そんなに”これ”に触りたいんだぁ~」
美里が。。。自分の手で胸を少し
”ギュッ”として少年に見せつけ、
妖艶な目つきでそういいました。
少年達は思わず顔を真っ赤にして目を見開いて、、
美里の胸を凝視しながら
”うんうん””と力強くうなづました。。。
「ふ~ん。。。
 最初からそういうことするのが
 目的だったんでしょ~。。。
 まだ小学生の子供のくせに。。
 体を要求してくるなんて。。。
 ほんと2人共”エロガキ”よね~。。。
 身の程をまきまえなさいよ。。」
泉のほうはというと。。。
美里とは逆に少年達を
”蔑む”かのようなにそう言いました。
少年達は。。
泉の言葉を受けさすがに
「ううっ。。。ごっごめんなさい」と俯きました。。。。
美里と泉は。。。
そんな少年達の様子を見て
”くすくす”と微笑んでいました。。。
「いいよ。。。。僕達。。。
 私達のオッパイ・・・触らせてあげる。。。」
美里がそう言うと少年達は
「えっ!!!!!」と驚いた様子で顔を上げました・・・
「さっき泣かせちゃったお詫び。。。
 特別だからね?? 誰にも言っちゃ駄目よ。。。」
泉のほうも先ほどとは打って変わって。。
優しく少年達にそう言いました。。。
「うっうわ~まっまじか!!!????
 すっすげえ。。まじかよぉおお~」
「ほっほんとに~~!!!!???
 たっ武ちゃん。。!!!すっすごいよ~~!!!
 ぼっ僕達!!!大人の女の人の。。
 しかも。。こんな綺麗なお姉さん達の。。
 ”オッパイ”触れるんだ~!!!!
 すっすごすぎるよ~~!!!!」
少年達は、、、お互い見合わせ。。。
歓喜の叫び声を上げました・・・
「ちょっ!ちょっと。。。僕達。。。声っ!!!
 だから声大きいったらっ!!!」
「もうっ!!!はしゃぎすぎだってっ!!!!
 誰か来たらどうすんのよ~」
美里と泉は。。
焦る感じで狂喜乱舞している
少年達を盛んに諌めています・・・・
『おいおい。。。
 なんかすごい展開になってきたなぁ。。。』
私はその様子を覗き見しながら。。。
自分が今まで経験したことない、、
興奮を覚えているのを感じました。
「はぁはぁはぁはぁ。。。すっすげえ、
 あぁああすげえよぉ・・・」
「はっ・はっ・はっ・。。。柔らかい。。
 なんて柔らかいんだぁ。。。
 こっこれが女の人の”おっぱいなんだぁ~」
少年達の。。
まるで獣のような荒い息と。。
興奮した上ずった声が
部屋中に響き渡っています。。。。
私もまたそのすこし現実離れの光景を見ていて、、、
自分がかなり興奮しているのを覚えていました。。
「ふふふ。。。。
 もうっ!僕達。。。
 ちょっとだけって言ったのに。。。
 いつまで揉んでるのよ♡~・・・」
「やだ~っ、、、
 そんなに強く揉まないで。。。
 女の子の胸はもっと優しくにね。。。」
少年達に胸をもまれている当の女性達も。。
顔を少し上気して。。
まんざらでもない表情を浮かべながら
少年達の”胸揉み”を受け入れています。。。。
「はぁはぁはぁ。。。。えへっえへへへへへ。。。。」
そんな女の子達の様子を見て。。。
少年達も顔を真っ赤にして・・・
子供とは思えない”いやらしい”表情を浮かべて。。。
女の子達の胸を夢中で揉んでいます。。。
『はぁはぁはぁ。。。これは。。
 なかなかめずらしいシチュエーションだ。。』
実際。。
こういったまだあどけなさも残る幼い少年達と、、
セクシーな大人の女性達の絡みというのは
”リアル”はもちろん、、、
”仮想”であるAVなんかでも
ほとんどないシチュエーションです。。。
それが目の前で繰り広げられており、、
私はこれまでにないくらい興奮を覚えていました。。。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俊彦

Author:俊彦
今まで読んで気に入った作品を記載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。