FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンションに住むエロガキ 9

マンションに住むエロガキ 9.

私と香織の2人はその子供部屋に入り・・・
あまりの光景に。。
唖然としました。

おそらくこの週末の内に購入したのでしょうか。。。
その子の部屋の中央には、
いつものベッドより
さらに大きなウォーターベッドが頓挫していました。
そのベッドが振動で
”ギシギシギシギシ”と
激しくスプリングしていました。。。

音を立てているそのベッドの上では。。。
実に”7人もの裸の女性達”と
その子がいました。
また7人の女性の内、
2人はおそらくその子に
犯されたばかりなのでしょう。。。
体中にその子が出したであろう
精液をこびりつけた状態で、
「はぁ・・はぁ・・はぁ」
と荒く息をはきながら
ベッドの上に横たわっていました。

そして、
肝心のその子は今、
さらに別の2人を後輩位と正上位の姿勢で
”アソコ”を重ね合わせた間にペニスを挿入する
”女のサンドウィッチ”で2人同時に犯していました。。。。。
”ズパァーン”、”、”ズパァーン””ズパァーン”
と大きな音を立てるその子の腰使いにあわせて、
「あんっ!、あぁぁんっ!!・・
 んんっ・・あはぁぁん!!!」
「あっ!あっ!あぁん・・!!やあぁぁ!!!」
と犯されている2人の
叫んでいるかのような喘ぎ声が響いていました。。。

そして他の3人の女性は、
その子に群がり、
その子の乳首や頬など体中に口付けをしたり、
”ペロペロ”と舐めるたりと、
まるでその子に”ご奉仕”をしているようでした。。。
その子は2人を犯しながらも、、
時節その奉仕している3人の女性のおっぱいや
”アソコ”をいじくり、、喘ぎ声を上げさせていました。。。
その光景はとても現実のものとは思えませんでした。。。

そのうちにその子に犯されている2人の女性が
「あぁっ!あぁぁん!!!・・・
 だめぇ・・・私ぃ・・
 イっちゃう・・イッちゃいそう!!!」
「やぁぁん!!・・・私もぉ。。。
 イきそう。。・・!もう。。イかせてぇ!!!」
とその子に恍惚の表情を向けて、
まるで哀願するかのように言いました。。。
その子は犯している2人を舌なめずりを見て。。
「げへへへぇ。。。
 ”涼子ぉ” 
 ”真奈美ぃ”もうイきたいのかぁ?
 2人一緒にイきたいのかぁ???だったら
 ”おねだり”しなよぉ。。。僕の
 ”えっちなおしっこ”いっぱい出してって!
 ”おねだり”しなよぉ!!! 」
とさらに腰使いを激しくしていきました。。。。
犯されている2人の女性達は
「あっ!あっ!あっ!!あっああぁ!!!!!!」
と同時に悲鳴に近いあえぎ声だしながら
「あぁあ!!!出してぇ!!!
 もう・・あなたの
 ”えっちなおしっこ”を出してぇ!!」
「ああ・・もう早くぅ。。。早く
 ”えっちなおしっこぉ
 ”私達に一杯ぃかけてぇ!!!!!」
と叫ぶように言いました。。。。
その子は、
「はぁはぁはぁ」と荒い息をはきながら。。。
「げへへへぇ。。、、よーしよーしいい子達だぁ。。。
 出してやるぞぉ!!!僕の
 ”えっちなおしっこ”をお前達に注いでやるぅ。。。
 ”涼子ぉ”、、
 ”真奈美ぃ”ありがたく受けとれぇぇ!!!!!!」
と叫んだかと思うと最後の一突きで
2人が重なっている
”アソコ”に大量に精液を出しました。
「あんっ!!!!あはぁああんん!!!!
 イクっ!イッちゃうううう!!!」
「あっ!あぁぁああああ!!!
 だめぇ!!イクぅうううう!!!」
と2人の女性は同時にはのけぞりながら、
叫びそのまま崩れるようにベッドに横たわりました。。
「はぁ・はぁ・・はぁ・・」と荒く息を吐き、
横たわった2人の体中にはその子が放出した
精液がベットリとついていました。

その子はその女性達の様子を
「げへへへぇ」
満足気に見つめた後、、、おもむろに自分に
”ご奉仕”している3人の女性の内
2人を両腕に抱き寄せて、
枕にもたれ掛かるように座り、
さらに残ったもう1人の女性に向かって
「へへへへっいっぱい出してやったぁ。。。
 もう”おちんちん”が僕と。。
 ”涼子”と”真奈美”。。の
 ”えっちなおっしこ”でベトベトだぁ。。。 
 ”瑞穂ぉ” お前が
 ”ふぇら”してきれいにしろよぉ!!」
と言いました。。
命令された女性は、
「はい。。。」と言い、
枕にもたれ掛かかって座っているその子に近づき 
髪を一度かき上げて。。
その子のペニスに唇を近づけ
「ペロペロ」と舐めた後。。。
ペニスを咥え。。
「んっ!んっ!んっ!」
とフェラチオを始めました。。。。
またその子の両腕に抱かれている
2人の女性は同時におっぱいを揉みしだかれており。。
「 あぁ・・んっ あっ! あぁ・・だめ・・」
「あんっ!んっ!やぁ。。。」
と声を漏らし始めてました。。。

小学生4年生の。。10歳にも満たない
”子供”に無残に犯され、、
精液にまみれて横たわっている4人の
”大人の女性”。。
その”子供”の命令で 
その子の股間に頭を突っ込み。。
一心腐乱にフェラチオしている1人の
”大人の女性”。。。
その”子供”の両腕に抱かれながら愛撫を受け。。。
喘ぎ声をあげている2人の”大人の女性”。。。

そのベッドの上だけあまりにも。。
現実感のない異様な光景が広がっていました。。
私はもちろん香織も完全に放心状態で
立ち尽くしていましたが。。。
「美紀ぃ。。香織ぃ。。。」
と自分達を呼ぶその子の声に我に返りました。。。

「えへへへっ。。美紀ぃ。。香織ぃ。。?
 びっくりしたぁ??? 
 こいつらはお前達と同じ僕の
 ”せーどれい”だよ。。。
 もうこのマンションに住む気に入った
 ”大人の女”は大体 僕の
 ”せーどれい”にしてやったけど。。。
 お前達も含んだこの場にいる
 ”9人”はその中でも特にお気に入りなんだぁ。。。
 この大きな”うぉーたーべっど”は
 お前達9人とこうやって
 ”はーれむぷれい”をするために買ったんだよぉ??
 すごいだろぉ??」

その子はそう言って、、
両腕に抱いている女性2人を抱き寄せ。。
2人の乳首を自分の口の前に持ってきて同時に
”チュッチュッ!”と咥えました。。。
「あんっ!!!」
「ああぁっ!!!」
2人の女性は同時に叫び。。
ビクンとのけ反りました。。。。。
その子はその様子を見て
「ぎゃはははは!」と高笑いした後。。。
私と香織に向かって。。。

「へへへへっ美紀ぃ。。香織ぃ。
 いつまでそこで立ち尽くしてるんだよぉ。。。
 お前達も参加するんだよぉ。。。
 2人ともはやく服を脱いで
 裸になってこっちに来いよぉぉ。。。。。
 お前達は今 ”瑞穂”がやってるように僕の
 ”おちんちん”に”ふぇら”するんだぁ。。。
 げへへへへぇ”とりぷるふぇら”だぁ!!!」
と自分にフェラチオしている女性を指差しながら、
私と香織に命令しました。。。

私と香織はもうその倒錯的な雰囲気に
飲まれたのでしょうか。。 
お互い何も言わず。。
抵抗することもないまま服を脱いで裸になり、
ベッドにあがりました。。。
その子はベッドにあがった裸の
私達をニヤニヤしながら見て
「美紀ぃ。。香織ぃ。。
 2人ともそこから四つんばいになって
 ”めすいぬ”のようにお尻をふって、
 ゆっくりと這うようにこっちに来るんだ。。。
 ゆっくりとね。。。」
と命令しました。

私と香織は。。
その子の命令どおりに四つんばいになり 
本当の犬のようにお尻をふりながら。。。
ベッドの上をその子の元に這っていきました。。。
「えへへへへぇ。。。いいぞぉ。。。
 可愛い僕の”めすいぬ”ちゃん。。
 さぁ。。こっちに来るんだぁ。。。」
その子はぎらぎらした目で、
這いながら自分の元へと来る私達に
手招きしていました。。。。。

私と香織がその子の元へ行くと。。、
先ほどよりその子に
フェラチオしている女性が私達を一目みて、
”チュポン”と音を立て
その子のペニスから唇を離しました。。。

「へへへっ。。よ~し。。。じゃあ
 3人とも僕の”おちんちん”に
 ”ふぇら”してもらおうかなぁ。。
 まずは瑞穂は右から。。、
 美紀はまん中、香織は左から3人同時に僕の
 ”おちんちん”の先から舐めてもらおうかぁ?」

その子の命令を受けた私達3人は同時に
その子のペニスの鬼頭に顔を寄せあい。。、、
舌を出して舐めようとしたところ。。。
「待て!!!」
とその子が急に叫びました。。。。
私達3人は思わず舌を出したまま。。
その子を見上げました。。。
その子は私達のその様子を見て
「ぎゃはははは!」と笑い。。。
「げへへっへっ3人とも舌出したたまま
 そんなに物欲しそうな顔しちゃって。。。
 本当のおあずけを食らった犬みたいだぁ。!! 
 へへへっ可愛い僕の”めすいぬ”ちゃん達ぃ。。んっ?
 そんなに僕のこの”おちんちん”が欲しいのぉ??? 
 これが欲しいのかぁ??」
と私達の目の前でペニスをフルフルと振り始めました。

こんな子供にこのようなことをされるのは
通常ではとても屈辱的な行為なのですが、、
この異常な空間のせいなのでしょうか。。
その時は。。なぜか私も香織も、、もう一人の女性も。。
何も言うことなく。。。
黙ってその屈辱的な行為を受け入れていました。。
それどころか、、、
私の中では一種の快感のようなものが。。
芽生えてきていたのをはっきりと覚えています。。。。。

その子は私達の様子を見て楽しんだ後。。。
「よ~しよ~し。。。いいぞぉ。。。
 お前達の大好物の僕の
 ”おちんちん”たっぷりとお食べなよぉ。。。」
と言ってきました。。。
その子から
”お許し”をもらった私達3人は再度顔を寄せ会い、
その子の言うとおりに私は真ん中から。。
香織は左から。。もう一人の女性は右から。。
同時にその子のペニスの鬼頭を。。
本物の犬のように
「ぺろぺろ」と舐め始めました。。。

その子は、
自分のペニスを舐めている私達3人を、
ぎらぎらした目見て。。。
「あぁぁ。。すげぇ!!!
 へへっ。。。へへっへ!!すげぇ光景だぁ。。僕。。
 大人の女3人に同時にフェラさせてるよぉ。。。
 ”とりぷるふぇら”だぁ!!
 こんなの大人の男でもめったにできないだろぉ!!!
 それをこの僕がさせてるんだぁ!!!  
 へへっへへへへ!! 
 ほらぁっお前達も見てもろよぉ。。。
 どうだよぉ。。。すげえだろぉお?」
と両腕に抱いている2人の女性に言いました。。。
「あぁん。。。んっ。。」
「んっ。。。あぁ。。すごい。。。」
2人の女性はトロンとした恍惚の表情を
浮かべながら答えました。。。
見ると、すでに2人の女性の
”アソコ”にはその子の指が入れられており
”くちゅくちゅ”とかき混ぜられていました。。。

その子は時節、私達5人に向かって
「美紀ぃ、、香織ぃ。。。
 2人とも僕を上目遣いで見ながら 
 美紀は”ちんちん”の先を。。
 香織は根を丹念に。しゃぶれぇ 」
「瑞穂ぉ。。お前は僕の”たま”をなめるんだぁ!。。。
 えへへ3人共僕をもっと気持ちよくさせろぉ。。。」
「麗子ぉ。。。僕にむかって口を開けて。。
 舌を出せぇ 。。僕がキスしてやるぅ。。。」
「理恵ぇ。。
 お前はぼくの目の前で四つんばいになって
 ”アソコ”をひろげてろぉ!。。
 僕がたっぷり舐めてやるぅ。。」

などと命令してきました。。

私達5人の大人の女性は
その子供の命令どおりに。。。
本当の性奴隷のように。。。
その子供に”ご奉仕”していました。。。。

その子は自分の命令どおりに奉仕する
私達5人を見ながらコーラをひときしり飲み。。。
「ぎゃはははは!愉快だぁ。。。!!! 
 愉快でたまらないよぉ。。。。 
 大人の女達を僕が思いのままにしているんだぁ。。。
 げへへ。。。”はーれむぷれい”最高だぁ!!!」
と高笑いしました。

しばらくして。。。
もうその子のペニスは私達3人の
”とりぷるふぇら”によって 
もうおなかの前まで反り返っていました。
「ん。。。ん。。。ちゅるちゅる。。。ああっすごい」
と私は思わずその子のペニスから口を離して。。
そうつぶやいてしました。。。。。
おそらくもう何人もの女性とsexした影響でしょうか。。
そのペニスはとてもまだ
10歳にも満たない子供のものとは思えない。。
立派な大人のペニスそのままでした。。。

その子は
「へへへへ。。すごいだろぉ??」
とニヤニヤしながら私を見た後
「よーし。。。もういいぞぉ。。
 お前達ももう僕のこの
 ”ちんちん”が欲しくなってきただろぉ。。。。
 へへへ。。じゃあ5人共 
 僕の前で一列に四つんばいになって
 お尻をつきだせよぉ。。。。。。
 5人まとめてたっぷり可愛がってやるからぁ。。」
と私達に命令しました。

巨大なウォーターベッドの上では。。。
10歳にも満たない子供の前で 
5人の裸の大人の女性が、
一列で四つんばいになって
まるでその子供に差し出すように
お尻を高くあげていました。。。
その子供は四つんばいになっている
5人の女性をニヤニヤしながら見下ろし。。
「えへへへへへ。。。
 僕はこうやって四つんばいにして後ろから
 ”えっち”してやるのが好きなんだぁ。。。
 なによりも一番大人の女を
 ”せいふく”している気分になるからねぇ。。。
 それにほらぁこうやって
 ”アソコ”も丸見えだしぃ。。
 触りたいほうだいだしぃ。。」
と言いながら後ろから私達5人を
交互にお尻をなでたり、、舐めたり。。
また”アソコ”に指を入れてきたりなど愛撫を始めました。
「あんっ!」
「んっ!んっ やぁ・・」
「あぁっん!んっ!あぁ・・だめぇ。」
と私達5人はその子からの愛撫を受けるたび、、
体をビクンとさせ、尻をふったり、、
声を上げたりしました。
その子は一通り私達5人に愛撫をした後
「えへへへへっ。。。
 でもさすがに5人ともとなると
 人数が多くて僕だけじゃ手が回らないやぁ。。
 おい お前達!!!」
その子はまだ横たわっている4人の女性を向いて
「いつまで寝てるんだよぉ。。。 
 さあはやく起き上がってお前達で
 この5人を責めてやるんだぁ。。  
 僕の”ちんちん”を入れやすくするように、、
 この5人の”アソコ”をぐちょぐちょにしてやるんだぁ!!!」
と大声で命令しました。

命令された、
4人の女性はおもむろに起き上がり。。
ゆっくりと四つんばいになっている
私達5人に近づいてきました。。。
その顔は恍惚でトロンとした笑みを浮かべていました。。。

4人の女性はそれぞれ分散して
四つんばいの私達5人を責め始めました、
私も今、四つんばいになっている体の下に 
1人の女性がもぐりんでおり、、、
乳首を”チュチュ”と吸われていました。
私はそのたびに
「あっ!!あっ!!」と体をビクンビクンさせました。
その反応を見て女性は、、
「くすっ」と笑い
「可愛い。。ねえここ気持ちいい?。。
 もっと感じさせてあげるねぇ。。」
とさらに乳首に吸い付き。。
”ちゅるるる。。。”と強く吸い付いてきました。。

「あぁん。。。だめぇ。。そんなに。。
 舌でかき回さないでぇ。。!!」
私の隣では香織が、
もう一人の女性に後ろから
”アソコ”に舌を入れられ、
悲鳴のようなあえぎ声をあげていました。

「”ピチャピチャ” ”んっ!んっ!。。。 
 気持ちいいぃ。。??」
「んっ・・・やぁ!!!。。
 あぁあ!!あっ。。。」
「”チュルっ。。チュル”  
 ああすごいぃ。。ここもう。。ビチャビチャ」
「あはぁん!!んっ。。あぁ。。いやぁぁ。。。」
「んっ・・んっ・・くすっ。。ほらぁ 
 またクリちゃんしゃぶってあげるねぇ。。いい声だしてぇ?」
「あぁん。。。あぁっ!。。ああっ!もう。。だめぇぇ」

部屋中に責めている4人の女性の卑猥な声と、
責められている5人の女性の喘ぎ声が響き渡っていました。。
また4人の女性の体中には、
その子にまだ犯されたときにの精液がこびりついており。。。
それがローション代わりであるかのように
”くちゅくちゅ”と卑猥な音を立てて、
私達5人の体中にも絡み合い、、
テカテカと濡れていきました。。。

その子は、、
自分の目の前で卑猥に絡み合っている
9人の裸の女性達を見下ろしながら
「「はぁはぁはぁはぁ。。。」と自分のペニスをこすりながら 
荒い息を立てていました。。
「へへへへっ。。すげぇ。。すげぇぇよぉ!!! 
 なんだよこれぇ。。。なんなんだよこの光景ぃ。。
 こんなのAVでも見たことないぞぉ。。。エロイぃ!!! 
 エロすぎだろぉ!!。。しかも全員僕の女だぁ。。。
 げへへへっ!これ皆僕のものなんだぁ。。。」
とぎらぎらした目をして大声を上げていました。。。

”くちゅ。。くちゅ。。くちゅ。。。”
私達5人の女性の”アソコ”はもうぐちゃぐちゃで
愛液が脚まで滴りおちるほどになっていました。。。
責めている側の4人の女性は
ぐちゃぐちゃに濡れている私達5人の
”アソコ”をまるでその子に
見せ付けるかのように開いてきました。。。

「あぁん。。。もうだめぇ。。。」
「ほしい。。。あなたの”おちんちん”ほしいぃ。。」
「やぁ。。。入れてぇ。。はやく入れてぇ。。」 
「してぇ。。。もう。。我慢できないぃ。。。」
「あぁ。。。はやくぅ」
私達5人もその子を誘うかのように尻をふり。。
恍惚な表情でその子に”おねだり”していました。。。


その子はもう
「はぁはぁはぁ」と犬のように荒い息を吐き、
血走った目をして。。
突然
「うおぉぉぉぉおお!!!」
とまるで獣のような声をだしたかと思うと、
一列で四つんばいになっている私達5人の内、、
一番端の女性に襲い掛かりました。。
「あんっ!」
女性は悲鳴をあげましたが、、
その子はかまわずその女性の腰を
強引にぐいっと自分の元へ引きよせ。。
「はぁはぁはぁ」と荒い息をつきその女性の
”アソコ”に自分のペニスの先端をつけました。。。
女性は舌なめずりをし、、
自分から尻を振ってその子のペニスにこすりつけ。。
「あぁん。。。来てぇ。。。」
と誘うかの表情でその子に言いました。。。
「うぉぉぉぉぉ!!!!!」と
その子は叫び。。。
一突きでその女性の
”アソコ””に
”ズブズブズブ。。”とペニスを挿入しました。。。

「あぁん!!!あぁあああ!!」
と女性はのけぞりながら。。。
叫び声を上げました。
それもつかの間。。
”ぱぁん!”ぱぁん!!”
”ぱぁん!!”ぱぁぁん!!!”
とすぐにその子の激しい腰使いが始まりました。。。
「あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!
 すごいぃ。。はっ激しいぃ。。。あぁ!!!」
と犯されている女性は髪を振り乱しながら。。
悲鳴に近い近い喘ぎ声を上げていました。。
「はぁはぁはぁはぁ。。。へへっへへへっ!
 麗子ぉ、、、どうだぁ 気持ちいいかぁ!!!
 気持ちいいのかぁ!!!」
その子は犬のように舌を出してよだれをたらしながら。。。
ぎらぎらした目でその女性を犯していました。

「あぁ。。。すごい。。」
私を含む。。
他の8人の女性は皆その子と女性の
激しいsexに釘付けとなっていまいした。。。
やがて犯されている女性が
「はあぁっ。。。あ・・・っだめぇ。。。!!!
 すごい。。激しすぎるぅ!!!私もう。。
 もうっっ。。イッちゃう!!!イッちゃいそう。。」
と叫びました。 
その子のあまりにも激しい腰使いによって
あっという間に絶頂に達しようとしているようでした。。。
「げへへへへへっ!!!いいぞぉ。。
 イけぇ。。。そらっイッちゃえ!!!」
とその子はさらに腰の動きを早くしていきました。。。
「あっ!!やぁぁイっイクぅぅ!!!イッちゃうぅぅ!!!!」
女性は絶頂に達し。。
ピクンピクンと仰け反りながら叫んだ後、
その場にくずれ落ちました。。。。

その子は崩れ落ちた女性の
”アソコ”から”ズリュッ”とペニスを引き抜きました。。。
そのペニスは愛液でテカテカと卑猥に光っていました。。。
「げへへへっぇ。。。次だぁ。。。
 次は理恵ぇ。。 お前だぁ!!!」
その子はそう叫び、
さらに隣の四つんばいの女性の腰をつかみ。。
ぐいっと自分の元へ引きよせ
さらに再び一突きでその女性の
”アソコ””にペニスを挿入しました。。。
「あぁっっあぁああ!!!!!」
女性はそう叫んだのもつかのま、
再び始まったその子の激しい腰使いで前後に揺らされながら
「あっ!あっ!あっ!あっ!」と喘ぎ声をあげ始めました。。。

その子は一列で四つんばいで並んでいる
私達5人を順番に犯していきました。。。。

2人目の女性もその子の激しい腰使いで
「あぁ!!!もうイクぅうう!!」
と叫びながらあっという間に絶頂に達し。。。
崩れ落ちました。。。
「げへへへっまだだぁ。。。
 次ぃ。。。瑞穂ぉ。。お前の番だぁ。。。いくぞぉおお」
その子は3人目の女にも襲い掛かり同じように犯し始めました。。。

その表情はもう子供の顔などではなく。。
人間ですらないセックスに植えた
野獣のような顔に見えました。。。
またその子に犯されて横たわってる女性達はみな
「はぁはぁはぁ」と荒い息をして、、、
時にはみずからオナニーさえしながら
恍惚な表情を浮かべて。。
その子のセックスを見つめていました。。。
私はそのあまりの光景に少しの間。。
放心状態になっていましたが
「あぁ!!!あぁぁんん!!!」
という叫び声で我に返りました。。。

その子は、いつのまにか3人をイかせ。。。 
今は私のすぐ隣の香織を激しく犯していました。。。
香織もまた。。。
「あぁ!あぁ!あぁ!!!
 すごぃ。。。あぁ!!!はぁぁん!!」
とその子の腰使いで激しく前後に揺らされながら
叫ぶかのようなあえぎ声を上げていました。。。
「はぁっはぁっはあっ 
 げへへへへぇっ。。。気持ちいいかぁ。。
 香織ぃ。。もっと鳴けぇ。。。
 鳴いて僕を楽しませろぉ!!!」
と香織の背中に背後から抱きしめるようにのしかかり、
さらに奥までペニスを突いてきました。。。

香織はその腰の動きに押されて、
頭をベットにつけており、
ベッドを強く握り締めてました。。。
私は香織と目があいました。。。
香織は激しく犯されていながら、
トロンとした表情を私に向けていました。。。
「あぁ。。。美紀ぃ、、私ぃもう。。だめぇ。。。
 もう。。イきそう。。。あぁ。。。もうイッちゃいそう!!!!」
「あぁ。。。香織ぃ。。。」
私は思わずつぶやきました。。。
すると突然香織の髪がその子に引っ張り上げられました。
「きゃっ!!」と香織が叫びました。 
その子は香織の髪をつかんで
その顔を私のすぐ間近に目の前に持っていく形にし。。
「ほらぁ香織ぃ。。。
 友達の美紀の前でイクところを見せてやれよぉ。。。
 はしたなくイッちゃうところをすぐ近くで見てもらえよぉ!!!」
と”ぱぁん””ぱぁん””ぱぁん”と
さらに腰の動きを早くしていきました。。。
香織はイヤイヤと首をかぶりをふりながら
「あぁん!!!イヤァ!!!だめぇ、、、
 美紀ぃ。。。見ないでぇ。。 」
「香織ぃ、、、あぁ。。。すごい。。。」
私は、その子に犯され、、、快感に打ち震えながら
イカされようとしている友人の香織を見て。。
”アソコ”がさらに濡れてしまうのを感じました。。。
「あぁ!!!だめぇ!!!
 美紀ぃ!!!私ぃっ イクっ!!!
 イッちゃう!!!あはぁあぁああああああ!!!!!」
香織は私の目の前でそう叫び。。。
ビクンビクンとしたかと思うとそのまま崩れ落ち、、、
「はぁはぁはぁ」と荒い息をはいて横たわりました。。。

私は呆然としながら、
香織を含む横たわっている犯された
4人の女性を見下ろしていました。
その子は”ズリュ”と香織の
”アソコ”からペニスを引き抜きまました
そのペニスはさっき犯したばかりの
4人の女性の愛液とその子の我慢汁でテカテカと光り、
まるで熱をおびているかのようにに湯気が立っていました。。。
その子は「はぁはぁはぁはぁ」
と荒い息をはきながら、血走った目で私を見ました。。。

「はぁはぁはぁ。。。もう。。
 僕も限界だぁ。。。げへへ
 ”ちんちん”がもうパンパンだぁ、。。
 美紀ぃぃ。。。最後はお前だぁ。。。
 お前でぼくのこの溜まりにたまった
 ”えっちなおしっこ”を注ぎ込んでやるぅ!!!」
そう言って顔は真っ赤に上気し。。
涎をたらしてしているその子の表情は。。。
もはや野獣でした。。。
私は急に怖くなりました。。。
今までの快感の波が急速に引いていくのを感じました。。。
「いやぁ!!!もう。。いやぁ!!!!」
私は思わずそう叫び、
逃げようと立ち上がろうとしましたが。。。

「げへへへっいまさら逃がすかよぉ。!!!。。」
とその子は、
すぐに飛び掛るように私の背中に抱きつき、、
のしかかるようにして立ち上がろうとした私を
ベットに゙押し倒しました。。。
私のお尻はあっという間にその子にに抱えられて、
私の
”アソコ”にその子のペニスの先端がさわるの感じました。。。。。
「あ、い、いやぁ!! 駄目ぇ。。。
 離れてぇ。。。やめてぇ!!!!」
私は悲鳴をあげながらその子突き放そうと身体を振って抵抗したが、
しっかり押さえつけられた身体は逃げる事がかなわず。。。
「げへへへへっだぁめだょぉお。。。はぁはぁはぁ。。。。
 もう限界だぁ。。。美紀ぃ、
 そらっ入れるぞぉおおおおお!!!」
「あぁ!!!!いやぁぁああああああ!!!!!!!!!!!」
”スブズブズブズブ”と音がし、、、
私はその子の灼熱のような
ペニスが入ってきたのが分かりました。。。

「へへへっ!!!うわぁすげえ。。。
 へへすげえ締め付けだぁ。。。たまんないよぉ!!!!」
その子は挿入した瞬間目を閉じ震えながらういったかとおもうと、
すぐにぎらついた目をして犯している私を見下ろし
”ぱあん””ぱぁん””ぱぁん”と激しく腰を動かし始めました。。。
その子のペニスは今まで感じたことないような
大きさと熱をおびており、
その子が動くたびに。。
私の中でこれまで以上の快感の波が再び押し寄せてきました。。

「あァっ!ああっあ はっ!!!
 んっ。。あっっあっはぁぁあああ!!!!!!!」
私は叫ぶかのような喘ぎ声を上げ始めました。。。
「うぉぉおおおおおお!!!
 美紀ぃ!!!美紀ぃっ!!!
 どうだぁっ そらっ どうなんだよぉおおお!!!!」
”ずぱぁあん””ずぱぁん”その子もまた叫ぶかのように言い。
獣のごとく腰をさらに激しくしていきました。。。。

「あぁあああ!!あぁあああ!!!!
 あぁああああ!!!!!!!
 すごっっ!ああ!!!すごいぃ!!!」
私は自分の瞳から、
悲しみとも歓喜とも判らない涙が流れているのが分かりました。。。
その子は私の髪をつかみ、
ぐいっと持ち上げ自分の顔に近づけました。。。、
「舌だせぇ!!!」
私が舌を出すと。。。
その子は私の唇にむさぼるように吸い付きました。。。
「んっ!チュ・・・チュル んっ!・・・・んんっ!・・・」
私も進んでその子に舌を絡めました。。
その子は私のおっぱいをもみしだきながら
”ぱぁん””ぱぁん””ぱぁん”とも激しく
私を犯して続けていました。。。
その子は時節、、唇を離し。。。
「んっ!どうだぁ!!!
 美紀ぃ。。もう欲しい? 
 んっ?僕の”えっちなおしっこ””出して欲しいぃ???」
と犯している私に聞いてきました。。。
私はそのたびにイヤイヤをするようにかぶりを振りましたが。。。
その子は
「どうなのさぁ!!!!!!!」と叫び
”ズパァーン”とするような強烈な一突きを私に入れました。。。
「あぁ!!!!!」
私は仰け反りながら、叫びその子に向かって。。。
「あぁ。。。。出してぇ。。。私にぃ。。」
と哀願するように言ってしまいました。。

その子は「げへへっへっ。。」と笑うと、
私の背中に覆いかぶさるように圧し掛かかってきました。。。。
「あぁ!!!!」
私はその子の重みに負けるように頭をベットにつけました。。
顔をベッドに埋めても貫かれているお尻が落ちる事はなく、、、
その子に抱えられて、
突き出しすような形になりました。。。
その子は私の背中に”チュッ””チュっ”と唇を押しつけ、
私の体の下で身体の下でユサユサとゆれている
オッパイをもみしだきながら
「はぁはぁはぁ。。。僕のだぁ。。。
 この体は皆僕のものだぁああ」
とうわ言のように言っていました。。。

その子の腰使いでユサユサとゆれながら
私はベッドに顔をおしつけていました。。。
目から流れる涙と。。。
口からはいつのまにかはしたなく
自分の涎がたれてベッドの上にしみを作っていました。。。
横を見ると香織を含めた
8人の女性がみなうっとりとした表情で
私とこの子供のsexを見ていました。。。。
「はぁはぁはぁいくぞぉ・・・・
 はぁはぁいくぞぉ美紀ぃ。。。お前の。。。
 お前の中にぃ。。出すぞぉ。。。」
その子は私の背中に抱きつきながら、
そうつぶやきように言いました。。。
そして急に上体を起こし、
私の腰をつかみ再び
”ズパァーン””ズパァーン”と激しい腰使いを始めました
「あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!」
私はその子の腰使いで断続的に声を上げ始めました。。。
膣内のペニスは熱く、
腫れているたように感じて、。。
その子の射精が近づいているのが判りました。。。
またそれと同時に自分の中の
官能の渦も絶頂に達そうとしていました。。。

「あぁっ!!あっ。。あはぁァっぁん!!
 だめぇ、、、私ぃ。。。もうイッちゃう、、イッちゃうう!!!」
私は懇願するようにその子を見ました。。。
その子も舌なめずりをして私を見下ろし
「いいぞぉ。。。美紀ぃ。。イっちゃえ!!!
 僕が”えっちなおしっこ”出すと同時に
 お前もイッちゃうんだぁ!!!!
 あぁ出るっ。。。あぁ出ちゃうぞぉぉ。。。。。!!!!!」
その子は急激に腰使いを早めていき。。。
「うぉぉぉぉぉおおおおお!!美紀ぃ!!!!!」
と叫び声を上げ、
最後の一突きを入れたかと思うと
”ドクッ”と音が私の中で聞こえました。。。
そのまま大量に精液を吐き出しました。。。
「あはぁあああああ!!!!イクぅううううう!!!」
私はその瞬間と同時に絶頂に達しました。。。。

「はぁはぁはぁ。。。」
その子から開放された私は
ベットの上に崩れ落ちました。。。
”ズリュ”と音がして、
自分の膣内からその子のペニスが抜け落ちるのを感じました。。。
その子の精液と愛液にまみれたそのペニスは。。。。
先ほど私の中に大量に射精したにもかかわらず。。。
まだ大きく勃起しているままでした。。。
「げへへへっ。。。。へへへおさまんないよぉ。。。
 ちっともおさまんないぃ。。。まだだぁ。。
 まだまだ大人の女と”えっち”するんだぁ !!!!」
呆然としている私を見ながらその子はそう言い残し、、
「えへへへっ。。。
 次はどれにしようかなぁ????げへへへへっへぇ」

血走った目を私以外の8人の女性のほうに向けて 
涎をたらしながらまるで次の獲物を
狙うかのごとく近づいていきました。。。
「あぁ。。。いやぁ。。。」
8人の大人の女性達は。。。
私と同じく。。
その10歳にも満たない子供の。。
獣のような表情を見て、
皆恐怖を感じ。。。
お互いの体を抱きあい震えていました。。。、

「あなた。。。本当に。。。。。子供なの?。。。」

私は
女性達に襲い掛かろうとしている
その子の背中に思わずそうつぶやきました・・・・。。






スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俊彦

Author:俊彦
今まで読んで気に入った作品を記載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。