FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の小窓-11

肩ひもが外れ、ふわっとブラジャーが取れる、
これで智恵は全裸になる。
後ろから手を回し、智恵のオッパイを包み込む。
手ひらにちょっと小さい位のいい大きさだ。
ポロッとした感じで手に豆粒のような乳首が当たる。
智恵「イッ」
はやと「まだ痛い?」
智恵「(コク)少し………だけど、触ってもいいですよ」
はやと「うん」
そう言われて、少し乳首に触ってみる。
コロコロって感じでかわいい乳首だ。
親指と人差し指で触れるか触れないか位の感じで乳首を摘む。
智恵「あっ」
気持ちいいのだろうか?
智恵はのけぞった。
はやと「痛くない?」
智恵「大丈夫です」
乳首への刺激もそこそこに胸の膨らみを
手のひらに包みそっと揉んで見る。
智恵「うん」
上手なオッパイの揉み方ってあるのかな?
歩美にもっと教えてもらえばよかった。
智恵は体育座りの足を自分に寄せた形で
オレに寄りかかっている。
中学一年生の甘いミルクのような匂いがたまらない。
オレは右手をおまんこに伸ばす。
智恵「あぁっ」
おまんこの縦溝に中指をはわせ上下させる。
オレの乏しい知識では、
あとはセックスするしかないところまで来ていた。
智恵「うう~ん、あたしだけズルい、先輩も脱いで」
はやと「あ、うん」
オレは座ったままジャージとパンツを一緒に脱ぐ。
固くなったチンチンが飛び出す。
智恵「またおっきくなってますね」
智恵が迫り、チンチンをつかむ。
智恵「今度はあたしが先輩を気持ちよくしますね」
智恵はゴロンとうつ伏せになり
チンチンに口を持っていくが届かず、
ひざを立てて近寄り、
お尻を突き出す格好でチンチンを舐める。
背中が弓なりになり、
プールで見た時と同じようにドキッとする姿勢になった。
真後ろから見たらお尻と割れ目がよく見えるんだろうなぁ?
何気なくとる智恵の姿勢に興奮する。
智恵「はぅ、先輩ぃ、気持ちいいですか?」
智恵は舐めながら聞いて来る。
はやと「うん、気持ちいいよ。舐めるのイヤじゃない?」
智恵「あたし、先輩のおちんちん好きですよ」
はやと「うん」
そうだ、オレもおまんこを舐めよう。
合宿の時にやったやり方だ。
はやと「智恵ちゃん、クルッて回って」
智恵「え?」
はやと「こっちに足向けて」
智恵「あっ、こうですか?」
智恵は意味を理解し、お尻をこちらに向ける。
オレは濡れ濡れのおまんこに吸いつく。
智恵「ぁ~ん、先輩ぃ~」
はやと「ん?」
智恵「気持ちいいよぉ~、おまんこ気持ちいいよぉ~」
はやと「オレのも気持ちよくして」
智恵「あぁ~、ん、ん、ん」
チンチンを口に入れても声が漏れる。
隣で寝たフリをして見ている知佳にはスゴイ光景だろう。
男女が裸でチンチンとおまんこを舐めあっているなんて、
オレだってこの前知ったのだから。
もはやオレは収まらなくなってきた。
舐めるのをやめてオレは起き上がり、
智恵を仰向けに寝かせる。
智恵の足の間に入り、のし掛かる。
はじめにキス、
首筋に降りてオッパイを揉みながら乳首を舐める。
智恵「はぅ」
もう痛いなどとは言わない。
小さな乳首に吸い付き、舌でころがす。
智恵「うふ~ん」
そのままおまんこに手を伸ばす。
智恵「あぁ~ん」
智恵は弓なりになるように仰け反る。
太ももに手をやり足を開く。
チンチンがおまんこに近づく。
智恵「え?」
はやと「入れないよ」
上を向いたチンチンをそのまま智恵のおまんこに押し付ける。
一瞬戸惑った智恵もセックスでないと知り、
そのまま背中に手を回し抱き付く。
智恵に押し付けただけでもチンチンが気持ちよく、
そのままカラダをこすりつけるようにする。
智恵の肌と体温が気持ちいい。
智恵「あぁ~ん、先輩ぃ、ヘンな感じぃ~」
はやと「うん、気持ちいい?」
智恵「はぃ」
ふたりで裸で抱き合ったまま胸と胸、
股と股をこすりつけ合う。
智恵「先輩ぃ、入れてみて………」
はやと「え? いいの?」
智恵「試しに………少しだけ………」
はやと「ホントに?」
智恵「うん」
オレは起き上がり、
智恵のおまんこを確認する。
M字形に開いた智恵の足の間に入り、
割れ目を広げる。
智恵「あっ、でもそのまま?」
智恵はコンドームの事を言っているようだ。
(知ってるんだ)
オレは智恵の知識に驚いた。
はやと「何?」
オレはとぼけた。
智恵「付けないと………」
とぼけきれずに、
はやと「あぁ~、持ってないよ」
智恵「付けないと赤ちゃんが………」
赤ちゃん、ドキッとする響きだ。
自分とはまったく関係ないような気がするが、
セックスイコール赤ちゃん作りだ。
はやと「でも入れるだけだし、
さっき一回出したから大丈夫だよ」
智恵「う、う~ん」
智恵が不安そうになるが、
オレはもう入れたくてたまらなかった。
はやと「中で出さないから」
智恵「でもぉ~」
はやと「オレを信じて」
智恵「信じてますけどぉ」
はやと「出そうになってからじゃなく、
出そうになる前に抜くからさ」
智恵「う~ん」
はやと「いい?」
智恵「(コク)」
はやと「ありがとう」
オレはキスする。
いよいよ合体、セックスだ。
やっちゃうぞ。
気をつけろ。
自分に色々言い聞かす。
堅くなったチンチンの先端をおまんこに付ける。
智恵「あっ」
智恵も緊張しているようだ。
この辺かな? って所でグイッと押し出すが入らない。
もう一度、位置合わせする。
クリトリスの辺りから割れ目をなぞるように
チンチンの狙いを定める。
気持ち下の辺りに入りそうな手応えがある。
グイッと押し出す。
智恵「イタッ」
はやと「痛い?」
智恵「大丈夫です」
先が少し入ったようだが角度が悪いせいか入らなかった。
はやと「(結構難しいな、
歩美の時は入れる前に出ちゃったからなぁ)」
自分を落ち着かせてもう一度、
角度に注意して右手でチンチンを押さえ
おまんこに当てて突き出す。
今度は智恵が動いてしまい失敗。
自分が情けなくなってきて、
はやと「やめる?」
智恵「え~っ、やりましょうよ、先輩頑張って」
さっきのふたりとは逆になってしまった。
はやと「うん、智恵ちゃんもっと足開いて」
智恵「はい」
はやと「足持ってて」
智恵は太ももの後ろに手をやり自分で足を支える。
赤ちゃんのオムツ換えのような恥ずかしい格好だ。
しかし今はそんな事は気にならない。
チンチンを入れるのに夢中になってしまっている。
まずさっきのように右手でチンチンを
コントロールしておまんこに突き立てる。
手を離し両親指でおまんこの
ビラビラを開き穴を確認して修正する。
チンチンの先がおまんこの入り口に当たる。
角度を気にしながら、ゆっくりと押し込む。
智恵「あぁ~」
ズズズズって感じで穴を押し広げるような感じに
チンチンが入って行く。
智恵「イィ~ッ、あぁ~」
智恵は痛そうな声を上げる、
オレもチンチンの皮が引っ張られて少々痛い。
パッンっという感じがチンチンに伝わる。
智恵「痛いぃぃ!」
チンチンがおまんこに全部入った。
はやと「大丈夫?」
智恵「はぁはぁ、はい」
はやと「入ったよ」
智恵「本当だぁ」
はやと「痛くない?」
智恵「入っちゃったらそんなに痛くないです」
はやと「動いてもいい?」
智恵「あっ、ゆっくりしてください」
はやと「うん」
オレはよくわからないなりも、
腰を振り出した。
まさに本能ってやつだ。
一度入れてしまうとさっきの皮を引っ張られる感じがなくなり、
スムーズに動く。
智恵「あぁ、あ、あ、あ、アン」
智恵は痛いのか気持ちいいのかわからない声を上げる。
はやと「気持ちいい?」
智恵「あぁ、あ、あ」
チンチンの出し入れのリズムで声が出る。
オレは動くのをやめてもう一度聞く。
はやと「気持ちいい?」
智恵「ちょっと痛いのもあるけど……気持ちいいです」
はやと「もっと動いていい?」
智恵「はい」
オレは再び腰を振る。
智恵「あ、ぁ、ぁ、ぁ、ぁ、ぁ」
もっとしたいが、
とりあえず出ちゃいそうになる前に抜いた。
チンチンには智恵の処女の証しの血が
それ程ではないが着いていた。
ティッシュを取っておまんこを拭いてやる。
ビクッとするが、
力が抜けているみたいに横たわっている。
おまんこからも血が少しだが出ている。
オレは智恵の横に添い寝してカラダを撫でてやる。
はやと「大丈夫?」
智恵「はい」
はやと「痛かったでしょ?」
智恵「はじめ痛かったけど……」
はやと「うん」
智恵「先輩ぃ」
はやと「うん?」
智恵「嬉しい」
ガバッと智恵は抱きついてきた。
よく見ると智恵は泣いていた。
そんな智恵をスゴくかわいいと思った。
智恵にキスしてまた抱き合う。
はやと「もう一回入れていい?」
智恵「うん」
さっきと同じようにやってみると今度は上手く入った。
智恵「あぁぁぁ~ん」
はやと「痛くない?」
ゆっくり動きながら聞く。
智恵「あぁ、はぃ、いた……く、ない…です、
先輩ぃ、気持ち、いい、です、か?」
はやと「うん、智恵ちゃん気持ちいいよ」
智恵は背中に手を回し抱きしめてくる。
腰の動きがだんだん早くなっていく。
これがセックスだ、おまんこだ、気持ちいい~。
このままやっていたいけど中に出す訳にはいかないなぁ。
出そうにならないようにしないと、
そう思っていると直子が入って来た。
直子「あ~っ!!!」
はやと「え?」
直子は入って来るなり大声を上げた。
慌ててチンチンを抜くが、
直子にはシッカリ見られてしまった。
直子は睨んだままで、何も言わない。
オレも何も言えなかったが、
智恵「やっちゃった」
智恵がタオルケットで裸を隠しながら簡単に言いのける。
これにオレはつい笑ってしまうが、直子は笑わない。
矛先が智恵に向かう。
直子「セックスはダメって言ったじゃない」
智恵「だって、先輩もあたしもしたくなっちゃったんだもん」
直子「それだって、ちゃんと付けないと」
智恵「無かったんだもん」
オレもタオルケットに入りチンチンを隠しながら
直子の母親のような感じの説教を聞く。
直子「もう~」
直子はスタスタ歩いて机の引き出しから箱を取り出す。
直子「ハイ!」
直子は力強くオレに渡す。
はやと「これは」
コンドームだった。
直子は用意してあったのだ。
はやと「どこで買ったの?」
直子「買うの恥ずかしがったんですからね~!」
直子は詳しくは話さなかったが、
コンドームを用意してあったって事は
セックスを覚悟していたって事だな。
智恵「直子だってその気があったんじゃん」
直子「う! そ、そんな事は無いですぅ」
智恵が確信に迫り、形勢が逆転気味になった。
智恵「直子も体験しちゃえば?」
直子「え?」
智恵「はじめは痛いけど気持ちいいよ」
直子「う、うん」
智恵に進められ直子は考えこむ。
智恵「知佳もする?」
はやと「え?」
智恵「知佳ったら寝たふりして、
あたしと先輩のセックス見てたんだよ~」
智恵も知佳が起きていたのを知っていたのか。
知佳がガバッと起きあがり。
知佳「だって目が覚めたら、
すごいことになってて、起きられなかったんだもん」
知佳は言い訳している。
オレは直子から渡されたコンドームを見る。
まだ開けてなかったので、
開けて中身を取り出していると。
直子「先輩ぃぃ!」
はやと「する?」
空気が重くなるのを恐れて智恵の様に軽く言う。
智恵「直子がしないんなら、
もう一度今度は付けてしましょうよ~」
初体験を済ませた智恵は余裕でオレを誘って来る。
直子「待って!」
智恵「直子もやる?」
直子「先輩ぃ……、してもらってもいいですか?」
はやと「ん?」
直子「……っくすしてもらってもいいですか?」
直子は言葉に出すのが恥ずかしいらしく、
「セックス」とはっきり言わない。
オレも空気を読み、
はやと「直子ちゃんがしたいなら、いいよ」
直子「なら…………、あたしにも……、してください」
直子もする気になった。知佳は? と思っていると。
智恵「知佳はどうする?」
智恵が聞いてくれた。
知佳「あたしは、いいよ~」
智恵「大丈夫だって、先輩やさしいし怖くないよ」
知佳「そんなんじゃなくて」
智恵「今日位しかチャンスないよ」
知佳「そうだけど……」
はやと「いいよ、いいよ、無理にしなくても」
後で聞いた話しだが、この時オレは気軽に言ったつもりだったが、
知佳には突き放された様に聞こえたようだ。
知佳は悲しそうな顔で考え込んでいる。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

陵辱と相姦の夏1-1

白石聡史は一度、目を覚ましたが、
今日から夏休みということを思い出し、
朝寝坊しようと再び眠りについた。
中学三年の聡史は、朝が苦手だった。
そんな聡史を、母親の鏡子が起こしにやって来た。

「聡史、いくら夏休みでも、けじめはつけなさい」

母親の鏡子は厳しい口調で息子を叱り、
部屋のカーテンをさっと開けた。

「うんん、 、お母さん、 、まだ眠いよ」

「朝ご飯は一緒に食べる約束でしょ、早く起きなさい」

聡史は眠い目をこすりながら、
部屋から出て行く母親の鏡子のうしろ姿を見つめた。
(お母さんとの約束だけは、破るわけにはいかない)

聡史が一階に降りて行くと、
廊下に漂う挽きたてのコーヒーの香りと共に、
食堂から姉の声が聞こえてきた。

「やっと今日、内容のある話が聞けそうなの」

聡史の姉、真紀は大手新聞社の社会部の記者だった。
今年、四年制大学を卒業し、
この春、なったばかりの新米記者だった。

「なかなか話をしてくれなかったけど、やっと今日、
同じクラスの男の子が、
 いじめのあった場所へ案内してくれるの」

娘の真紀の話を聞きながら、
鏡子は優しい目もとに憂いを滲ませた。

「本当に悲しいことだわ、まだ中学生の子供が、
いじめを苦にして自らの命を絶ってしまうなんて」

「私もそう思うわ、卑怯で、陰湿ないじめは、絶対に許せない」

真紀は、記者となって初めて任された仕事の緊張感よりも、
いじめという理不尽な行為への憤りで、
熱い血をたぎらせていた。

「お母さん、私、
一体どんないじめがあったのかはっきりさせたいの、
事実をありのままに報道して、 同世代の子供たちや、
その親たちにもっといじめについて真剣に考えてもらいたいの」
 
鏡子と真紀の話しは、先月の初めに、
隣町の中学生がいじめによって
自殺に追い込まれた事件のことだった。
自殺したのは、
学校は違うが聡史と同じ中学三年の少年だった。

「頑張りなさい真紀、
その男の子が話をしてくれる気になったのも、
あなたの熱意が通じたのよ」

「きっとそうだと思うわ、私、本当に一生懸命だったの」

真紀は知らなかった。
今日、会うはずの少年は、
真紀の真摯な情熱に心を動かされたのではなかった。
その少年は、真紀の体を狙っていた。
恐ろしい罠があるとも知らず、
これから真紀は少年のもとへ出かけて行こうとしていた。

「一度、社に顔を出さなくてはいけないから、
もう出かけるわ、お母さん」

「そう、しっかり頑張りなさい」

「はい、行ってきます」

母と姉の真剣な雰囲気に気後れした聡史は、
食堂へ入るのをためらい入口で立っていた。
出かけようとした真紀が、
眠そうに瞼を腫らした弟の聡史に微笑みかけた。

「あら聡史、おはよう」

「あ、おはよう、姉さん」

少し見上げるようにして、聡史は姉に朝の挨拶を返した。
聡史もけっして身長は低くなかったが、
真紀のほうがいくぶん高かった。

「もう、まだ寝てるみたいじゃないの、しっかりしなさい、
 お父さんが帰ってくるまで、
この家の中で男はあなただけなのよ」

「うん、わかってる」

頼りない声で返事をしながら、聡史はうつむいた。
姉に真正面から見つめられると、
いつも聡史は自分から顔を伏せた。
それは光り輝く、
眩しいものを直視できないことに似ていた。

「じゃ、行ってくるわね」

さっと身をひるがえして玄関に向かう真紀が、
爽やかな化粧品の香りを残していった。
聡史は、ゆっくり、深くその香りを吸い込んだ。
(ああ、姉さん)
聡史は思春期を迎えた頃から、
真紀を性の対象として見るようになっていた。
互いに少し年齢が離れているせいもあり、
女性として美しく成熟しつつある真紀を、
少年の聡史は姉としてではなく、
一人の女性として見ていた。
マスターベーションを覚えから、
聡史はペニスをしごく時、
姉の真紀を淫らな想像に登場させた。
今では、
ただ単に想像の中だけでは抑えられないほどに、
姉への想いが募っていた。

「聡史、朝ご飯、早く食べなさい」

鏡子に呼びかけられるまで、
聡史は化粧品の香りを惜しむように、
何度も息を吸い込みながら廊下に立っていた。
姉への強い思慕と性欲で、
少し赤くなっている顔を母親の鏡子に悟られないように、
聡史は顔を伏せて食卓についくと、
いつものように緩慢な動作で食事を始めた。
卵焼きを口の中に入れてから飲み込むまで、
聡史はずいぶんと時間を費やした。
そんな息子を母親の鏡子は微笑みながら見守っていた。

「そうだわ聡史、昨日の夜、お父さんから電話があって、
 やっぱりあと二ヶ月ほどかかるらしいわ」

聡史の父親は電気メーカーの技術者で、
海外へ長期出張していた。

「えっ、二ヶ月も」

「あら聡史、あなた真紀に言われたこと気にしてるの、
 いいのよそんなこと、私は、聡史のおっとりした、
大らかな性格は大好きなのよ、
 ただ時間にルーズなところは直しなさい」

人として生きていくための約束事には厳しいが、
他のことには寛容で優しい母だった。
鏡子は、家庭に問題を抱えた女性達を支援する団体、
『つばさの会』の主宰者をしていた。
中学生の聡史でも、
仕事と家庭を両立させるのがどれだけ大変なことか
よく分かっていた。
一つの組織の責任者として、
また家庭の主婦として、
毎日とても忙しいはずなのに、
それでも疲れた顔一つ見せない母親の鏡子を、
聡史は尊敬していた。
立派な母親を自慢に思い、
その息子であることが誇らしかった。
    
「私もう出かけるけど、今日、塾はお昼からだったわよね」

「うん、それまで予習しようと思うんだ」

「お昼ご飯はチャーハンが冷蔵庫に入ってるから、
温めて食べなさい」

母が出かけて行き、広い家に一人になった聡史は、
かねてから密かに思い巡らしていたことを、
今日こそ実行しようと思っていた。
聡史は、姉の部屋に忍び込むつもりでいた。

プロフィール

俊彦

Author:俊彦
今まで読んで気に入った作品を記載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。